独学で新TOEICスコア600点

TOEIC パートIV(説明文問題)攻略テクニック

質問を先に読む
 パートIIIと同じく、選択肢を全部読めなくても、質問だけは絶対先に読んでおきましょう。


「聞きながら読む」は難しい
 これもパートIIIと同じです。聞くときは聞くことに集中し、読むときは読むことに集中しましょう。


1問おきに解く
 パートIVの選択肢はかなりボリュームがあり、読んでいるうちに次の問題が始まってしまったりします。そのようなときは開き直って1問おきに解いていました。あせって適当にマークしていくよりも、正解を確実にマークしたほうがスコアが上がるはずです。

 1問おきにといわなくても、考えているうちに次の問題が始まってしまい、乗り遅れてしまったらどれでもいいのでとりあえずマークして次の問題に集中しましょう。そして、開き直って「やっぱりAだったかな?」とかあとで考えないようにしましょう。リスニングでは自分のペースで考えている時間はありません。次の問題が始まってしまったら、2つの問題を同時に考えることは不可能だからです。


米・英・加・豪(ニュージーランド含)の発音
 新TOEICで大きく変わった点は、今までと違い、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア(ニュージーランドを含む)の発音がそれぞれ25%ずつ出題されるようになりました。私が受験した感じだと、全く聞き取れない文があり、あれがアメリカ以外の発音だったのかな?とあとから思いました。

 しかし、私たちはそもそも日本人です。いわゆる「英語」が難しいのにいろいろな国の発音が無差別に出てくるのはかなりつらいです。日本語を勉強している外国人が、大阪弁や九州弁を瞬時に聞き分けるようなものです。まずは基本のアメリカ英語を聞き取る練習を重視し、それから別の教材を使って、他国の発音を学習するのがいいと思います。

HOME

すぐに使えるテクニック

パートI攻略テクニック

パートII攻略テクニック

パートIII攻略テクニック

パートIV攻略テクニック

パートV攻略テクニック

パートVI攻略テクニック

パートVII攻略テクニック

使用した教材と勉強法

リンク

メールはまで

 

 当サイトは相互リンクを大歓迎しています。詳しくはリンクについてをご覧願います。

Copy Right toeic600.com Since 2006